プロジェクトX

村田 健一 氏

左より鞍谷編集委員長、村田健一氏、高嶋猛先生

伝統木造建築を未来に繋ぐ

村田 健一 氏 (建築学科 S52年卒業)

 “プロジェクトX 福井大学版” は、「母校の卒業生の中に、偉大な仕事を成し遂げた人がいることを知り、母校に誇りと自信を持っていただきたい。特に若い卒業生に元気の出る話、心に勇気と感動を与える話を残したい」という願いから、2003年(平成15年)発行の工業会誌第54号よりスタートしました。
 今回は、前文化庁文化財部参事官の村田健一氏にご登場いただきました。ご推薦者は、研究分野が近い本学工学部建築建設工学科の高嶋猛先生(昭和48年卒業)です。
 村田氏は、昭和52年3月に福井大学工学部建築学科を卒業され、東京工業大学大学院修了後、文化財建造物保存技術協会を経て、昭和59年11月に文化庁の文部技官になられました。平成27年3月に文化庁を定年退官されるまで、文化庁一筋で過ごされ、日本を代表する多数の文化財構造物の修理・復原をご担当されました。中でも、奈良国立文化財研究所での平城京大極殿復原事業は、特筆すべきお仕事と思います。他にも参事官として、姫路城大天守保存修理事業や富岡製糸場の重要文化財から国宝への格上げも成し遂げられました。文化庁をご退職後は、福井県文化財調査特別顧問として、丸岡城天守を重要文化財から国宝に格上げすることにご尽力いただいております。村田氏からお話をお伺いし、恥ずかしながら、重要文化財指定はお城全体ではなく、天守・門・櫓・塀などの構造物ごと(丸岡城は天守だけですが)であることを始めて知りました。
 村田氏の記事をお読みになれば、文化財構造物の修理・復原の本質が見えると思います。楽しみにお読みください。
 なお、村田氏は2006年に著書「伝統木造建築を読み解く」を出版されておられます。その中には、本記事では書ききれなかった世界に誇れる日本の伝統木造建築の特質、先人の知恵や苦労などが述べられています。

(第67号編集委員長 鞍谷文保(機械工学専攻教授 機械工学科S55年卒業))